投稿者「iratsuko」のアーカイブ

Nゲージ鉄道模型の加工 : KATO D51 200 のリンク機構への改造

    KATO の D51 200 (2016-8)は、復活機仕様で、大変美しい出来となっています。 この模型に不可逆的に手を加えることには、多少の逡巡がありましたが、思い切って、リンク機構への改造 …

KATO C62のリンク機構への改造 非公式側

前回は、「Nゲージ鉄道模型の加工 ~高速ピンバイスとしての適用例~」において、合併テコ・ユニオンリンク周りのリンク機構への改造を、公式側のみ行った記事でした。 その後、非公式側についても、リンク機構への加工・改造を行いま …

Nゲージ鉄道模型の加工 ~高速ピンバイスとしての適用例~

ハイスピード・ドライバ(HSD)は、ネジの高速回転が可能なだけではなく、さまざまな先端工具を高速にドライブできます。 その一例として、高速なピンバイスとして使用し、極小サイズの穿孔を効率的に行う使用例をご紹介します。 & …

ハイスピード・ドライバの構造について

ハイスピード・ドライバの基本構造は、以下のように、シンプルなものです。 先端部・軸・柄などからなるドライバ体に、回転自在にグリップが取り付けられている構造です。 ドライバ体には、前方・後方の早回し部が設けられ、早回し用の …

ハイスピード・ドライバのグリップとその形状について

ハイスピードドライバ(HSD)の最大の特徴は、ドライバ中央部に設けられたグリップ(早回し用把持部)と、その非対称の突出形状にあります。 上掲画像右側は、整形を終わった段階の部材、左側は、ベアリング接着用の作業穴を開けた段 …